• 登校前にお子様の体温測定をする等の健康観察をお願いします。
  • 健康観察の結果、発熱や咳、咽頭痛などの症状があった場合には、無理をせず、登校を控え静養し、早めに医療機関に受診させて下さい。
    もしインフルエンザなど「学校において予防すべき感染症」(証明書に説明があります)の場合は出校停止になりますので、必ず学校に連絡をお願いします。
    そして医師の証明を受けてから出校させて下さい。
    その際には証明書の提出をお願いします。

インフルエザ等の感染症発生時の手続きについてこちらをご使用ください。

インフルエンザの出席停止日数を確認お願いいたします。

  • 登校後、変調があった生徒は保健室で判断して下校させますので、下校後必要な場合には、医療機関に受診させて下さい。
  • お子様に「手洗い」「うがい」「咳エチケット(マスク)」のご指導をお願いします。
  • 学級閉鎖の措置については、インフルエンザによる欠席率が同一学級で20%となった場合 が目安となります。もしその場合は学級閉鎖の期間は概ね4日間ですので、外出を控え、自宅学習をお願いします。