【1年総合】SDGs(持続可能な開発目標)(1月25日)

本日6限、1年生の総合の時間では、「SDGs」に関する授業が行われています。

「SDGs」とは、「持続可能な開発目標」の英訳の頭文字をとったもので、17の「ゴール」から構成される、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです

※外務省「JAPAN SDGs Action Platform」より抜粋

1年生は、このうちの8つの「ゴール」の中から興味のあるものを各自選択し、選択した「ゴール」ごとに分かれて探究活動を進めます。

「ゴール」別の1回目の授業が本日行われ、各「ゴール」の背景や現状に関する講義を受けたり、現代社会で起きている問題を体感するための活動等が行われました。

↓ 「1.貧困をなくそう」「2.飢餓をゼロに」と「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさを守ろう」の講座では、世界の現状や問題の概要について、動画や講義で理解を深めました。

 

↓ 「6.安全な水とトイレを世界中に」では、今後の探究テーマや活動について説明され、早速スマホ等を利用した調べ学習が始まりました!

↓ 「12.つくる責任 つかう責任」では、レゴブロックを利用して指示通りに町を作ることを通して、「作る側の気持ち」や「どうモノを後世に伝えていくか」などを考えました。