犬山市立南部中学校3年生のみなさんへ

 今日は、犬山市立南部中学校の進路説明会に行ってきました。

 体育館は、けっこう暖かい感じ?でしたね。皆さん、お疲れさまでした。

 時間に追われて、「慌てて終わった」という感じになってしまいました。限られた時間の中で、言いたいことをきちんと言う、伝えたいことを伝わるように伝えるということの難しさを痛感しました(新しい学校では、プレゼンの力も育成しようと思っています)。

 皆さんの中で、「ん?どういうこと??」ということもあると思います。ぜひ、7月9日(土)17日(日)にある説明会に参加してください。また、8月5日(金)の体験入学にも来てみてください。

 志望校であるかどうかに関わらず、とにかくたくさんの情報を集めてみることは、大切です。

 県立高校は、学習指導はもちろんのこと、皆さんのどこかに眠っている「すごい可能性」を皆さんと一緒に見つけ、それを能力に変える環境があります。愛知は、日本の中でも珍しい、公立(県立)が頑張っている県なのです。これが愛知県の高校教育の歴史です。

 私たち県立高校の教員は、皆さんと一緒に、皆さんの可能性を能力に変えていきます。

 分からないこと、不安なことがあれば(なくても)、一度学校をのぞいてみてください。