【校長より】中学生の皆さんへ

 毎日暑い日が続いています。皆さん、元気に過ごしていますか。  夏休みの前半が終わりを迎えます。特に3年生の皆さんは、卒業後の進路選択について、いろいろと考えを巡らせていることと思います。考えれば考えるほど、「どうすればよいのか」「本当にこの選択でよいのか」など、分からなくなったり、不安が大きくなったりする頃なのかもしれません。  夏休みを中心にして、高校では学校見学会が行われています。ただ、行ってみると余計に分からなくなったり、不安になったりすることもあるかもしれませんね。  だったら、「行かなければよい」のでしょうか? 皆さん、そう質問されたら、どう答えますか?  私は「それは違う」と答えますね。  では、「行けば何かが分かる」のでしょうか?  私なら「それも違う」と答えます。  分からない状態で「どうしよう」と悩んでいても、分からないまま、時間が過ぎていきます。この状態を何とかしたいと思うのであれば、「何とかするためには、どうしたらよいか」を考えて、行動に移してみるべきです。そのとき、学校見学会を使えばよいのです。できれば、1つか2つ「これを知りたい」ということを決めておくとよいですね。見学会ではいろいろ話をしてくれますが、自分にとって大切なポイントが分かっていると、後から聞いた内容を整理してみたときに、それぞれの高校の特徴が分かりやすくなります。 …

【校長より】課題をとおして鍛える・鍛えられる夏

 8月に入り、夏休みも半分が過ぎる頃。そろそろ、休みは折り返しを迎えます。  さて、夏休みと言えば・・・ 課題(宿題)でしょうか? では、課題(宿題)と言われて思い浮かべるのは?  ひょっとしたら、小学校のことを思い出している人がいるかもしれません。日誌や絵日記、自由研究などがありますが、特に、読書感想文は後回しになりがちで、夏休み終了間近になって悪戦苦闘したという人もいるでしょう。長々とあらすじを書いて、字数を稼ぐという作戦をとった人、いませんか?文章を読んで、自分の経験に照らし合わせながら、感じたことや考えたことなどをまとめる。なかなか手間がかかります。  下の写真は、先日職員室で見かけた光景で、小論文の添削指導を受けている場面です。予め提出した文章を、先生に直してもらっているようです。先生も生徒もとても真剣で、写真を撮るのをためらいました。  感想文とは異なり、課題文で求められている内容を冷静に読み取り、筋道立てて分析をした結果を、コンパクトにまとめる。これが小論文です。自分の思いだけではなく、他のデータ等を踏まえて何が分かるか、そこからどのような展開が予測できるか等、論理的に考えをまとめていきます。その中に、オリジナリティを出す。これは、けっこうレベルが高いことです。  また、人によっては、小論文で書いた内容を踏まえて、面接が行われることがあるかもしれません。とすると、どの部分で質問されるかを予想しながら表現を変えてみたり、文章にしなくても、「聞かれた場合に、どう答えるか」を、考えておく必要も出てきたりします。  とにかく、書いても書いても、直される。生徒からすると「こんなに頑張ったのに!」とか「いつになったら終わるのか?」など、指導する先生に対して「ひとこと言ってやりたくなる」ような気持ちになるでしょう。実は、私も去年の今頃、そんな気持ちになっていたことを思い出しました。レポートを出して直され、直したと思ったら別のところを直されて。さらには直して「これで大丈夫」と思ったところを、また指摘され。ゴールが果てしなく遠く、そこまでたどり着けるのか、不安な時間を過ごしていました。  あれから1年経って言えること、それは、ゴールは来るということです。たどり着ける。たどり着く。文章や一部の表現を直してみると、確かにその方が分かりやすい。伝わりやすい。「自分はそういうことを言いたかったんだ」と、自分で自分の思いや考え、あるいは価値観に気付くこともできます。  他者と文字をとおして対話し、新たな発見をしていくプロセス。それを一層豊かにする先生のサポート。学校なのだから、当たりまえと言えば確かにそうですが、「何かいいなぁ」と思い、文を書いてみました。  頑張っている君、きっと成長できるぞ!                                                                                                           令和3年8月5日  校長 森 也寸司 …

【校長より】 夢見ること・夢を思い描くこと

 オリンピックが開幕しました。現在も新型…

【校長より】「何とかなる」の?「何とかする」の?

 非常に長い梅雨が終わり、いかにも夏とい…

【校長より】「いざ」というときに備えて

「いざ」というときに備えて   本日…

【校長講話】「プロの学生」に

昨日5月13日(木)の6限に全校集会を行いました。 新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言を受けて、放送による集会となりました。 校長講話では、本校校長より生徒諸君に期待する高校生としての姿についてお話がありました。以下は、その内容を踏まえたメッセージになります。ぜひ、ご覧ください。 クリックして開く☞ R30514…

もっと内に、そして外に

  1年生は、入学式を終えてから1週…

令和3年度のスタートにあたって

昨日は1年ぶりとなる1・2・3年生の全学年が揃った始業式が行われました。 久しぶりの全校集会ということもあり、いい緊張感の中、登壇した先生方の話を生徒全員がしっかりと傾聴して、新学期に向けて心の準備を整えることができました。 また、新入生と2・3年生との対面式では各代表が挨拶する中で、2・3年生が新入生を歓迎し、新入生と共に学校を築いていく決意を固めました。   本日から授業が開始します。朝から登校する生徒の元気な声が、がんばり坂に響き渡っており、充実したいいスタートとなりそうです。 以下は、校長からの新年度に向けたメッセージになります。 クリックしてご覧ください。☞R30408…

4月6日入学式 式辞

クリックしてご覧ください。☞R30406 入学式…

卒業式式辞(3月1日)

クリックしてご覧ください☞令和2年度卒業…